05
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


三次スキルを利用した剣G処理

2010.09.02 *Thu*
crr2.png
■前提

剣GのHP=183k

AMPSG=1Hit6.3k×10Hit=63k
LA+AMP+CrR=62k
CL=12.8k×4Hit=51.2k(LA64k)

三次スキルはBASELvで威力補正が入るので、人によっては差があると思いますが
現時点の私の火力だとこのようなダメージになります。
CLは4Hit計算だと他スキルよりも弱いですが、LAで擬似5Hitが可能なので実質64k

ということは、上記の攻撃方法の最終ダメージはどれも殆ど変わらないんですね。
現状、剣をガチ処理する場合、AMPSG*3を選択してる方が多いと思いますが
AMPSGの代わりに三次スキルを組み合わせることで、より素早い処理が可能になります。


■処理方法

個人的に最適だと思われるパターンは、AMPSG→CL→LA+AMP+CrR

まず、AMPSGでサラカーサを落として、剣単体にする。
少し離れてCLを詠唱、アクビはCL詠唱中にLAを1回。
(CL2~3Hit付近で2HQ発動と範囲出血が来るので画面外まで離れて回避)
出血が終わったのを確認したらLA+AMP+CrRで〆、SDで撃破を確認すると安全。

CrRとCLの順番を入れ替えてしまうと
CrR→2HQ発動と同時にスタン、が有り得るのでアクビのステによっては危険です。

AMPSG→CL→CLでも倒せますが、CLはHit感覚が遅いのでCrRをオススメします。


■処理時間

これが一番重要ですね、ということで斜め無双と比較してみました。

現状、剣を単体で処理することが滅多にない為、初手AMPSG10と想定して
初手AMPSGの詠唱完了→アクビがリスタート開始までの秒数を測ってみました。

AMPSG→斜め無双=13秒
AMPSG→CL→CrR=12.8秒

こんな結果になりました、ほぼ同じですね。
ただし、これは最速で無双設置が決まった条件での計算なので、
実際は三次スキルのパターンのほうが早いと思います。
剣+サラだったら出血回避を考えるとSG終了までアクビに近寄れないですしね。


■注意点

ラディウスLv3とサクラメントLv5が必須に近いです。
ラディウスは確実な出血回避の為に必要で、
サクラメントは三次スキルの詠唱補助ですね、これがないと無双崩しに劣る可能性アリ。
あと、言うまでもなく全てReS前提ですのでご注意を。


■まとめ

無双崩しのメリットは確実な出血回避と2HQを発動させないで落とせることにありましたが、
ラディウスで出血回避は容易だし、AGIアクビなら2HQ状態でも涼しい顔で抱えられる。
無双崩しと違って場所を選ばないので、釣り側としても気が楽。
昔と違って剣単体を削りなしで落とすのも無理だし、処理速度も特別早い訳ではない。
必要スキルが揃っていればの話ですが、正直斜め無双を使う理由がないですね。

マジスレを読んでいるとコメットを使ったパターンもあるようで、動画とか見てみたいですね!
私も無双崩しとの比較用で2画面分割の動画でも作ろうかと思ったけど、
素材がないし分割編集未経験で面倒なのでまたの機会に・・・。
過去動画で両方のパターンを試してた気がするので、そっち見れば大体解るかも。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

らんちゃん

Author:らんちゃん

■Trudr
160/55
125/44
124/41
118/40
113/37
109/35
128/45
127/41
144/50
108/36
117/44
■Mimir
104/39
100/34

YouTube


*セージ&プロフェッサー同盟*

最近の記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

Blogについて



リンクフリー、アンリンクフリーです。
ご意見・ご感想・突っ込みコメントなどあればお気軽に。

検索フォーム

RSSリンクの表示

Copyright © Reality for Realism All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )