04
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


前回の続き

2011.01.08 *Sat*
前回書こうと思ってて書き忘れたこととか。

とりあえず動画を適当におさらいしてみる。

1:20~ EStrの斜線ミスでヴェナ数体が残る
もう1セル右に移動or右から左に展開してれば取りこぼすことはなかったはず
このようなミスは絶対にあってはならないが、それ以上に悪かったのはその対処。
勿体無いからリリースEStrで倒してから進もうと判断したが、
JFLv1の凍結時間に間に合わず地ヴェナは自然解凍、FNで凍らせた水ヴェナ1体にHitしただけ。
そんなことをしてタイムロス+残ったヴェナを引き連れてちんたら歩いた結果
相方は遥か前方でSW連打+スリムの状態にさせてしまった、これは本当に酷い。
氷をNB/FBl/SoE/などで適当に解凍してそのままこちらもリスタートするのがベストでしたね。
そのままリ即スタートしてれば十分に間に合う距離感だった。
前回の信頼云々の話に繋がるけど、相方は即JFが出る前提で前を走る。
だからこそ、このようなミスは絶対に許されない、最悪のプレイでした。


5:40~ 合流ミス
あのタイミングで合流してJFが、自分の頭の中で半分くらいイメージが出来てた。
が、相方は止まらず。基本的にどこで停止するかはプリ側が決めることで
その判断に合わせて結果的には問題なく合流が決まったから良かったが、
少なくとも自分がプリであれば、後衛が停止したそうに見えたらあそこで停止してたと思う。
しかしこのブレのなさが相方らしいというかなんと言うか
そもそも、あそこで停止してもルート的にはデメリットしかない訳で
どうせ左下の細道の手前までは進軍するのだから、トレインを2回に分ける必要もない。
スコアアタック的には相方の判断のほうが正しかったですね。
このあたりの停止ポイントのお互いのイメージが不安定なのは、
まだ3時間程度しか走ってないからしょうがない部分もある、でも次からはきっと大丈夫。


とりあえず動画で目に付いたのはこの2点くらいかな。
後はルートに関して。
今のジュピロスでは6+9の即沸きエリアと3+5を中心に回るのが基本。
これは少し狩ればすぐに解ることだからいいとして、問題は7と1のエリア。
7と1のエリアの頻度&回り方は、その人の個性が出るから面白いですね。
例えば私であれば7と1を繋ぐ細道は基本的に使わない。
7を掃除したら9に戻り、653エリアを経由してから1に向かうようにしてる。
1を掃除したら再び6539を経由してしばらくウロウロ、後に9経由で7に向かう。
でも相方は7と1を繋ぐ細道を使うんですよね、どちらが正しいのかなんて全然解らないけど
このあたりはその人それぞれの個性が出るから面白いね。




ところで年末あたりにアクセスカウンターが100kHit突破してたと思うんだけど、
今見たら5k以上減ってる上に、ここ数日のカウンターが0になってる・・・。
一体どういうことなの!

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

らんちゃん

Author:らんちゃん

■Trudr
160/55
125/44
124/41
118/40
113/37
109/35
128/45
127/41
144/50
108/36
117/44
■Mimir
104/39
100/34

YouTube


*セージ&プロフェッサー同盟*

最近の記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

Blogについて



リンクフリー、アンリンクフリーです。
ご意見・ご感想・突っ込みコメントなどあればお気軽に。

検索フォーム

RSSリンクの表示

Copyright © Reality for Realism All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )